毛穴 毛穴の開き、黒ずみにお悩みの方へ

毛穴の開き、黒ずみにお悩みの方へ

顔は身体よりも毛穴の皮脂腺が大きく発達しており、メイクや紫外線の影響も受けやすいため、どうしても毛穴が目立ちやすくなってしまいます。
市販の毛穴ケアアイテムは、お肌への負担が大きく、誤ったケアは更なる肌トラブルを引き起こす原因ともなります。

当院では毛穴の開きや黒ずみ、ニキビの原因にもなりやすい角栓のケアなど、実際にお肌の状態を確認し、お一人おひとりに合った方法をご提案致します。
セルフケアではなかなか改善しない、毛穴の詰まりやお肌のザラつきなど、毛穴に関するご相談は当院にお任せください。

セルフケアと当院の施術の比較表

  セルフケア 当院の施術
方法 市販のクレンジング、ピーリングなど 専用の医療機器、薬剤による施術
頻度 毎日 月1~2回
効果
費用
  • ※症状や施術方法により異なります。

WEB予約はこちら

代表的な毛穴のお悩みの種類

  • 毛穴の開き

    毛穴の開きは加齢や乾燥、過剰な皮脂分泌など複合的な要因が重なり引き起こされます。
    また、剥がすタイプの角質ケアパックの使いすぎなど外部の刺激が原因となることもあり、一度開いてしまうとセルフケアが難しいため早めに予防することが肝心です。

  • 毛穴の黒ずみ・ザラつき

    毛穴の黒ずみは皮脂や雑菌が古い角質と混じり合い、詰まったまま酸化した状態です。
    毛穴が角栓で詰まるとザラつきが気になるようになりますが、これらはニキビの原因にもなるため、定期的なケアが効果的です。

  • たるみ毛穴

    たるみ毛穴は頬やほうれい線周辺に表れやすい症状です。
    加齢により肌(真皮)の弾力が失われ、ハリが無くなると、毛穴が涙型(楕円状に広がり重力によって下に広がる)に開き、たるんだように見えてきます。

人気の治療

繰り返すニキビにお悩みの方へ ニキビ/くすみ/肌のザラつき ケミカルピーリング サリチル酸マクロゴール(顔全体)

古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを活性化!「ケミカルピーリング」

「フォトシルクプラス」毛穴の開きが気になる方へ 強力光美白

毛穴の開きやニキビ跡、くすみを改善する「フォトシルクプラス」
※初回限定価格はBMC会員割引対象外です

コラーゲン生成による美肌再生治療 ダーマペン4 美肌・毛穴・ニキビ跡

専用機器で肌に微細な穴を開け、コラーゲン生成を促します。毛穴の開きやニキビ跡の改善に。

ピーリングによる治療

今あなたに必要なのはどのメニュー?ピーリング治療特集 ニキビ、ざらつき、ハリ不足

【ピーリング治療特集】ニキビ、ざらつき、ハリ不足…今あなたに必要なメニューは?

レーザーによる治療

導入・点滴による治療

  • 肌コンディションを整えるうるおい美白ケア! パール美肌 リペアモイスト ナイアシンアミド&シソ葉エキス成分配合! 美白・紫外線ダメージ・毛穴

    ナイアシンアミドとシソ葉エキスによるうるおい美白ケア!パール美肌 リペアモイスト

毛穴のお悩みの主な治療例

フォトシルクプラス

 
治療方法について 光照射によるシミ・くすみ・毛穴治療
7,260円(税込7,990円)~44,180円(税込48,600円)
リスク/副作用 かゆみ:わずかなかゆみ。
治療間隔:3週間以上空けて数回。
施術担当 品川美容外科 横浜院 石内 直樹 院長
0120-449-700

フォトシルクプラス

 
治療方法について 光照射によるシミ・くすみ・毛穴治療
7,260円(税込7,990円)~44,180円(税込48,600円)
リスク/副作用 かゆみ:わずかなかゆみ。
治療間隔:3週間以上空けて数回。
施術担当 品川美容外科 梅田院 坂野 良之 院長
0120-260-400

フォトシルクプラス

 
治療方法について 光照射によるシミ・くすみ・毛穴治療
7,260円(税込7,990円)~44,180円(税込48,600円)
リスク/副作用 かゆみ:わずかなかゆみ。
治療間隔:3週間以上空けて数回。
施術担当 品川美容外科 梅田院 坂野 良之 院長
0120-260-400

フラクショナルCO2レーザー(美肌エイジングケア若返り治療)

 
治療方法について レーザーで皮膚に微細な穴を開けることで肌の再生を促進し、
シワ、たるみ、ニキビ跡、毛穴の開きや詰まりなどを改善
2,710円(税込2,990円)~21,710円(税込23,890円)
リスク/副作用 ハレ/赤み:1日位。
皮膚がザラザラした感じ:1~4週間位。
治療間隔:3週間以上空け数回。
お問い合わせ 0120-575-900

毛穴の開きの治療について

毛穴の開きの治療では、毛穴に関する基本知識を知ることも重要です。
品川スキンクリニックでは、毛穴の開きや黒ずみの症状を見極め、より効果的な治療法をご提案いたします。

毛穴について

毛穴の奥には、毛根に加えて皮脂腺とアポクリン汗腺があります。これらは外気に含まれている刺激物質から肌を守り、肌表面の乾燥を予防する役割をしています。そして、皮脂や汗と一緒に老廃物を体外へ排出し、代謝を助けてくれているのです。

特に、毛穴の出口付近にある皮脂腺は男性ホルモンの量に左右される部分で、男性ホルモンが多い人ほど皮脂腺が大きく活発になり毛穴も大きくなります。

とはいえ、もともと男性ホルモンが少なく毛穴が小さかった人でも、加齢によるたるみで毛穴が目立つようになります。
さらに、毛穴が詰まるとアクネ菌が増殖しニキビや炎症の原因にもなってしまいます。そうならないようにケアが必要です。

いちご鼻について

いちご鼻【画像】

鼻の頭や小鼻に毛穴がポツポツと黒く目立ってしまう鼻を「いちご鼻」といいますが、なぜ出来てしまうのでしょうか?

いちご鼻ができるメカニズムは、毛穴に詰まった汚れ(角栓)やメラニン、色素沈着による頑固な黒ずみです。角栓の主成分はタンパク質であり、毛穴にたまった皮脂と古い角質が混ざり合い出来たものですが、角栓が空気に触れると酸化して黒く変化します。この黒い毛穴が鼻に集中して出来てしまうと、「いちご鼻」と呼ばれる状態になります。

毛穴の開きとは?

毛穴が引きしまっている肌はつるんとしていて、さわり心地もなめらかです。ファンデーションを均一につけることができ、清潔な印象を受けるでしょう。
一方、毛穴が開いている肌は毛穴の黒ずみがポツポツと気になったり、さわり心地がザラザラになったりすることがあります。毛穴が開いているため汚れがたまりやすくなり、毛穴の一つひとつが黒ずんでしまうこともあるでしょう。メイクでは隠しきれず、でこぼことした肌が気になることもあります。毛穴が開いてしまった場合は、一時的ですがセルフケアで引きしめることは可能です。セルフケアの効果がもの足りないと感じる方は、皮膚科での治療もおすすです。

開き毛穴の種類と原因

毛穴の開きには、皮脂の過剰分泌によって開いた毛穴と、肌のたるみによって開いた毛穴の2種類があります。
皮脂の過剰分泌による毛穴の開きは、脂性肌だけでなく、ほかの肌タイプにも見られます。部分によって乾燥と脂浮きがある混合肌の場合、水分不足により皮脂が過剰に分泌されていることもあるでしょう。睡眠不足や自律神経の乱れ、ストレスなどが原因となり、皮脂分泌が増えて毛穴の開きにつながることもあります。はがすタイプの毛穴パックの使いすぎや、ニキビをつぶすことなども、毛穴が開いて目立つことになりかねません。
また、たるみ肌による毛穴は、肌のハリがなくなることが原因です。加齢や紫外線の影響によって、肌のハリはなくなっていきます。その結果、毛穴は縦に伸び、目立ちやすくなってしまうでしょう。原因を知り、できるだけ毛穴が開かないように予防することが大切です。

肌質による毛穴の開きの原因

脂性肌の毛穴が開く原因は皮脂の分泌です。皮脂が毛穴を押し広げます。混合肌は乾燥により油分を補うための皮脂分泌量が増え、毛穴が開く原因となっている可能性もあるでしょう。一方、乾燥肌はキメの乱れが毛穴の目立ちにつながりやすいです。
もとから乾燥肌の方だけでなく、不規則な生活による肌のターンオーバーの乱れや、紫外線を浴びることなどもキメの乱れが起きやすくなります。また、紫外線は肌のハリにも影響するため、たるみ肌による毛穴の開きの原因にもなるでしょう。過剰な皮脂で毛穴が開いている場合は、ホルモンバランスの乱れが影響していることもあります。

部位ごとの毛穴の開きの原因

Tゾーンと呼ばれる額や眉間、鼻は、皮脂が出やすい場所です。皮脂の過剰分泌による毛穴の開きが多く見られる部位となっています。とくに鼻は皮脂が出やすく、ほこりや、いらなくなった角質と混ざって毛穴に詰まり、毛穴の開きを目立たせてしまうこともあるでしょう。汚れをそのままにしておくと、黒ずんで余計に目立つことにもなりかねません。とはいえ、はがすタイプの毛穴パックを頻繁に行って汚れを取るのも、毛穴の開きにつながるため注意しましょう。アゴは体調の変化が出やすく、ホルモンバランスによって皮脂が出たり、ニキビができたりすることもあります。皮脂が過剰に分泌して、アゴの毛穴が目立つようになることもあるでしょう。

頬の毛穴が開く原因は、肌のたるみが関係していることもあります。加齢によって肌のハリが低下することにより、肌がたるんで毛穴も開いてしまいます。たるみ毛穴は縦長に開くため、ひどくなると毛穴同士がつながったようになってシワに見えることもあるため、乾燥対策に加え、エイジングケアを取り入れて対策するのがおすすめです。

年代別の毛穴の開きの原因

10代は皮脂の分泌量が多い傾向にあります。しかし、ターンオーバーの乱れは少ないため、清潔を保つことにより毛穴の開きは避けられますが、思春期特有のニキビはできやすいため、ニキビをつぶしてしまうと跡になって毛穴の目立ちにつながることもあります。
20代は、皮脂量がやや多い状態が続いている方も多く、思春期特有のニキビができる方もいれば、アゴや口周りなどに大人のニキビができる方もいます。一方、皮脂や毛穴の汚れが気になり、洗顔のしすぎによる刺激で乾燥肌に変わってしまうこともあります。
20代は皮脂だけでなく、乾燥によっても毛穴が開きやすい時期です。また、環境の変化やストレスによりターンオーバーが乱れることもあり、毛穴が詰まりやすくなることもあります。
30代以降は、肌のたるみも少しずつ出てくる時期になります。毛穴が詰まって目立つことに加え、肌のたるみによる毛穴の開きが気になってくる方もいるでしょう。

こんなお悩みの方におすすめ

毛穴の悩みをもつ人はとても多く、加齢によるたるみに加えて乱れた食生活や慢性的な睡眠不足、ストレスや自律神経の乱れなどでも過剰な皮脂分泌が起こり、毛穴が目立ちはじめます。
日々のスキンケアを丁寧に行っていても、自己流ではなかなか改善しにくいもの。無理に角栓を押し出したりつまみ出したりすると、毛穴が広がりやすくなり、さらなる悩みを生みかねません。
また、穴はまだ小さくても、毛穴周辺がくすんで見える人や顔のテカリで悩む人は、毛穴が開きっぱなしになったり角栓がつまったりしやすいタイプの可能性があります。

深刻な毛穴悩みになる前に、おすすめの毛穴治療で肌の状態を整えておくと良いでしょう。

毛穴の開きの改善方法とは

毛穴の開きを改善する方法の基本はクレンジングや洗顔なので、肌を刺激しないように気を付けながら丁寧に、皮脂やメイク・汚れなどを毎日しっかりと落とします。洗顔後の保湿も非常に重要で、化粧水・美容液・乳液・クリームなどの保湿用アイテムで、お肌に必要なうるおいや油分を補います。セルフケアだけでは難しい場合は美容皮フ科に相談し、ピーリング治療やレーザー治療など、毛穴の状態に合わせた専用の医療機器、及び、薬剤による治療を受けるのも良いでしょう。

毛穴の状態をセルフチェック

どの項目に多くあてはまるかチェックし、自身の状態を把握した上で適切なケアや美容皮膚科にご相談ください。

「毛穴の開き」のセルフチェック

  • 午後になるとメイク崩れが気になる
  • 毛穴は丸形で、色が濃く目立つ
  • 乾燥肌でキメが乱れがち
  • 肌に赤みやかゆみが出やすい
  • 夕方になるほど毛穴が気になる
  • どちらかというと脂っぽい肌
  • 油っこい食べ物が好き
  • 毛穴が目立つエリアはTゾーン中心

毛穴の開いた状態

毛穴の開いた状態

「毛穴の黒ずみ・ザラつき」のセルフチェック

  • 小鼻の脇が黒ずんだイチゴ鼻である
  • 朝からくすみが気になりやすい
  • メイク落としは拭き取り派
  • 肌に触れるとザラザラしている
  • 食生活が乱れている(肉・揚げ物など)
  • 睡眠不足や慢性的なストレスがある
  • 化粧を落とさずに寝ることが多い
  • 洗顔やメイクでよく顔を擦ってしまう

毛穴の黒ずみ・ザラつき

毛穴の黒ずみ・ザラつき

「たるみ毛穴」のセルフチェック

  • 頬を中心に広く毛穴が目立つ
  • 最近、肌にハリが感じられない
  • 昔に比べてタレ目気味になった
  • どちらかといえば乾燥肌である

たるみ毛穴

たるみ毛穴

年齢別の肌について

10代の肌

学生の方のお悩みに多いのがオイリー肌。10代は皮脂腺が活発な時期なのでニキビができやすく毛穴も開きやすい状態です。炎症を起こしてボコボコとしているニキビをむやみに潰してしまうと、ニキビ跡が残ってしまう可能性もあります。跡に残ってしまうと治るのに時間がかかったりなくすことが出来ないこともありますので、気になる場合は早めに美容皮膚科など医療機関へ受診することをおすすめします。

10代の肌

20代~30代前半の肌

20代の肌は、食生活の乱れやストレスなどでアゴのあたりにニキビができやすいのが特徴です。また肌の初期老化は20代後半頃から徐々に進行してくるといわれています。女性の方だとメイクや汚れや余分な皮脂が肌に残ってしまい、角栓となって毛穴の中に詰まった「詰まり毛穴」の発症が多いタイミングでもあります。また洗顔で強く肌を擦ってしまうと乾燥肌となってしまうこともあります。

20代~30代前半の肌

30代後半~40代の肌

加齢によって肌の弾力が徐々に失われてしまい毛穴が広がったことで発症する「たるみ毛穴」で悩んでいる方が多くいらっしゃいます。
美容皮膚科やエステに通う方もいらっしゃいます。エステとの違いは「医療機器が扱える」「医薬品を提供している」「医師や看護師が常駐している」などが挙げられます。
また、美容皮膚科でも以前と比べ、安価で受けられる治療が多くなり、実際に利用している方の評判などを確認しご来院いただく患者様も多くいらっしゃいます。

30代後半~40代の肌

部位別の肌について

鼻やおでこ

鼻からおでこにかけては皮脂の分泌が過剰になりやすいため詰まり毛穴が発症することが多く、肌表面がザラザラしている状態になります。
それに加え皮脂や雑菌が古い角質と混じり合い、詰まったまま酸化しニキビや肌荒れの原因にもなります。毛穴を詰まらせないようにするには、汚れを取り除く毎日のクレンジングと顔の洗顔が基本となります。
毛穴パックでのケアは皮膚への刺激が強く使用し過ぎるとかえって毛穴が広がってしまうこともあるので注意する必要があります。
使用する際は使用方法を確認の上2週間に1回程度を目安にしましょう。

頰に多く見られる縦長のしずくのように垂れ下がった楕円型の毛穴は、主に加齢によって引き起こされる「たるみ毛穴」と呼ばれるものです。
肌のハリや弾力が失われると、丸い形をしている毛穴が細長く開いて目立つようになります。「たるみ肌」は加齢によって肌の土台となる真皮のコラーゲンやエラスチンが老化によって減少することで発症します、そのため普段からのお手入れがとても重要になります。

肌質別の特徴

普通肌

特徴としては水分量が多くしっとりしており、外的要素に強く環境の変化などにも柔軟に対応できる理想の肌質です。ただ加齢によって変化してくる可能性がありますので自身の年齢や生活環境に併せて適切なケアが必要です。

普通肌

乾燥肌

肌の水分量が足りない状態が続くと、角質層が厚くなり、肌表面が硬くなっていきます。さらに肌の潤いを保つバリア機能が損なわれてしまうので肌は砂漠のような乾燥状態になり、毛穴は目立たないけど小ジワができやすくなってしまいます。また皮脂量も保湿能力も低いため、秋から冬にかけた乾燥の時期などにはバリア機能が弱いため、外的刺激を受けると炎症を起こしやすい傾向があります。

乾燥肌

脂性肌

オイリー肌とも呼ばれる脂性肌は、生まれつき皮脂腺が大きく毛穴の開きが目立ちやすいことが多いです。
毛穴の皮脂腺から排出される皮脂は、肌の水分量を保つのに大切な役割を担っていますが、一方で皮脂量が過剰に増えると皮脂腺の出口も大きくなってしまうため毛穴が目立ってしまいます。特徴としては肌はしっとりとしていますが、テカリやすく脂っぽくシワにはなりにくい一方、毛穴が開きやすい傾向があります。

脂性肌

混合肌

皮脂腺が活発なためニキビができやすい傾向があります。脂性肌と乾燥肌の両方の症状を持ち合わせた肌の中には、「大人のニキビ」に悩む方も多く、おでこから鼻の横などは皮脂分泌が活発なのに頬は乾燥しているなど、脂っぽい部分と乾燥した部分が混在しています。
ホルモンバランスの影響で30歳を過ぎると混合肌になる人が増える傾向があります。つっぱり感がなく、しっとりしているのが特徴です。

混合肌

敏感肌

精神的なストレス、睡眠不足、生理、季節の変わり目などでホルモンバランスが崩れることで、抵抗力が低下して乾燥やニキビなどさまざまな症状が起こりやすい状態のことを敏感肌といいます。不安定な肌状態が続くことで潤いが不足すると、毛穴の開きも目立ってくることもあり、外的要素に弱い傾向があります。

敏感肌

セルフケア

毛穴の開きのセルフケア

初期の毛穴の開きは、汚れを落として毛穴を引きしめることが大切です。メイクをよく落とすことはもちろん、洗顔前に蒸しタオルで毛穴を開くことも汚れが落としやすくなるのでおすすめです。
その後、たっぷりの泡で、肌に負担を掛けないように洗顔します。洗いすぎると乾燥して皮脂の分泌が多くなることもあるので、朝晩2回を目安にしましょう。洗顔後は乾燥しないように保湿をします。毛穴の開きが気になるときは、肌を引きしめてくれる収れん化粧水を使うのもおすすめです。

毛穴の黒ずみのセルフケア

毛穴の詰まりや黒ずみが気になるときは、酵素洗顔や洗い流せるクレイマスク、ピーリング美容液などをプラスしてみるのもおすすめです。角栓を無理に押し出すことは、毛穴のさらなる開きや色素沈着につながることもあるため、自然に汚れを落とせるものを使用しましょう。また、脂性肌で揚げ物など脂肪分の多い食事が好きな場合は、食生活を見直すことも大切です。

たるみ毛穴のセルフケア

保湿だけでなく、エイジングケアができる美容液なども取り入れてみましょう。また、日焼けは肌のたるみにつながるため、紫外線対策を心掛けることも大切です。規則正しい生活や、ストレスをためないなど、生活習慣にも気をつけてみましょう。

クレンジング

自宅で毛穴ケアを行う上で、基本となるのがクレンジングであり、非常に大切なケア方法です。
毛穴の汚れをしっかり落とすための対策としては、クレンジングをする前に蒸しタオルで顔を温めることです。蒸しタオルから発せられる熱や蒸気により、毛穴を広げ開かせることができます。

クレンジング製品の選び方

クレンジング製品を選ぶ際は、肌が強くつっぱるような洗浄力の高すぎる製品は避けるべきでしょう。特に肌を直接こすってしまうシートタイプのものは、肌への負担がかかりやすいため注意が必要です。
肌への負担を出来るだけ減らし、毛穴の汚れを取り除くクレンジングは、マッサージできるようなクリーム・ジェルタイプなど、自分のお肌に合うものを選びましょう。

洗顔

正しい洗顔方法

洗顔は朝と夜の1日2回、洗顔料を使い行うのが良いでしょう。
洗顔の注意点としては、肌をゴシゴシと擦ってしまうことです。ゴシゴシと擦ると、摩擦が生まれて肌への負担となってしまうため、優しい力加減で泡を転がすように洗いましょう。

毛穴の黒ずみを防ぐおすすめ洗顔アイテム

酵素洗顔パウダー
洗浄力が高くピーリング効果もある酵素洗顔パウダーは、通常の洗顔では落としきれない毛穴汚れや、角栓防止などに効果があるといわれています。
洗顔ブラシ
洗顔ブラシは効果的に、毛穴の奥の汚れまで取り除くことができます。注意点としては、そのまま肌に使用すると摩擦によるダメージを与え、逆効果となってしまいます。洗顔ブラシは事前に水で濡らしてから、洗顔料を十分に泡立て使用することが大切です。なお、肌トラブルがある場合には使用は控えるようにしましょう。
クレイマスク
クレイマスクは豊富なミネラルによって汚れに張りつきます。角質層に広く浸透するため、古くなった角質をしっかりと除去します。敏感肌の人は、美容オイル(植物成分由来)が配合されているマスクを使うと、マイルドになり保湿力がアップが期待できます。

保湿

洗顔で毛穴をきれいに整えたら、保湿ケアをします。化粧水で水分を与えた後、美容液で肌を整え、乳液やクリームで適度な油分を補いましょう。

生活習慣

ファストフードやスナック菓子などの油脂が多い食べ物は、皮脂の分泌を高め過酸化脂質を作りやすく、毛穴が開く原因になります。毎日たくさん食べることはなるべく控えて、野菜や果物を取り入れたバランスの良い食事を心がけましょう。

食生活と同様に、生活習慣で大切なことは「運動」です。
スキンケアなどの日々の手入れをしていたとしても、運動不足であると角栓が生まれてしまい、毛穴が開く原因となってしまいます。
普段からあまり体を動かしていない方は、日常生活に運動をする習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。

毛穴治療のこだわり

当院の毛穴の開き・黒ずみ改善治療には、ピーリングやレーザー治療などがございます。
医師による無料カウンセリングにて、毛穴の症状に合わせた適切な治療法をご案内いたします。

ピーリング治療について

ピーリングはお肌に薬剤を塗布することで古い角質や皮脂などの老廃物を取り除き、ターンオーバーを整える治療です。ダウンタイムが少なく継続して受けやすいことが特徴で、毛穴の開きや黒ずみのほか、ニキビやくすみの改善にも効果的です。また、角栓によるお肌のザラつきなどお肌全体のケアにも適しています。
当院では、一般的なケミカルピーリングに使用される「サリチル酸マクロゴール」のほか、ブルーベリー・クランベリー果実エキス等を主成分とした「グロスピール」などもご用意しています。グロスピールは毛穴をケアしながらお肌にハリやうるおい感もアップさせたいなど、プラスαの効果を求められる方にもご好評いただいている治療法です。

レーザーによる毛穴治療の効果とは

レーザーによる毛穴治療は、肌の再生を促す「フラクショナルCO2レーザー」や、毛穴を引き締める「レーザートーニング」、「フォトシルクプラス」などが当院で人気のメニューです。
レーザー治療はピーリングに比べ刺激を感じやすいというデメリットもありますが、お肌の状態によってはレーザー治療のほうがより効果が出やすいこともあります。
上記以外にも様々な毛穴治療メニューをご用意していますので、症状を診断したうえで適したものをご提案いたします。

ファンデーションや皮脂が詰まりやすく、加齢とともに広がりやすい毛穴。ご自身でケアをしてもなかなか改善されないという方はぜひ当院にご相談ください。

Q&A(ドクターコメント)

毛穴の黒ずみに効果的な治療法は何でしょうか?

毛穴の黒ずみは、ピーリングやレーザー、光治療などで改善が期待できます。

これらは肌の角質や毛穴に詰まった老廃物を除去し、肌を活性化させて、キメの整った肌にする治療です。尚、ピーリングと一緒にレーザーや光治療を併用するとより効果が高まります。

品川美容外科 千葉院 院長落合 和久医師

ドクタープロフィール

ケミカルピーリングはどのような症状に効果がありますか?

ケミカルピーリングは薬剤を塗布して行う治療方法で、
毛穴、くすみ、ニキビ・ニキビ跡に効果的です。

当院のケミカルピーリングでは「サリチル酸マクロゴール」という薬剤を使用しております。サリチル酸マクロゴールはお肌に負担の少ない方法でマイルドなピーリング効果を期待できる治療です。ニキビ治療に有効な治療法ですが毛穴のザラつきや角栓の詰まり、お顔のくすみなどにも効果が期待できます。

岡山院 院長多田 明子医師

ドクタープロフィール

毛穴の治療法とは?

毛穴治療法とは、毛穴の開き、毛穴の黒ずみやザラつき、または、たるみ毛穴などのような毛穴の悩みを改善するための治療法です。毛穴の悩みの原因には「過剰な皮脂の分泌」「皮脂や汚れ、角質などが混じり合って詰まった状態」「加齢」などがありますが、トラブルの原因や肌の状態に合わせた治療法を選びます。ピーリング治療やレーザー治療、ダーマペンのような美容機器を使用する毛穴治療法などが挙げられます。

ご予約・お問合せはこちらのクリニックへ

  • 個室の待合室あり
  • ボックス待合席あり
  • 中国人スタッフ在籍

シミ、そばかすに関するお悩みやご要望に、美容皮膚科専門ドクターがお答えします。
各治療の違いや、あなたに最適な治療方法など丁寧にご説明させていただきます。

全国39院ネットワーク 開院34年の歴史 症例実績1300万件突破 豊富な経験と高い技術で、美容のお悩みにお応えします

お得な「BMC会員特典」のお知らせ 二重まぶた・目もと30%OFF その他対象施術20%OFF

ご予約・ご相談はこちら

  • WEB予約
  • メール相談
  • 通話料無料 土日祝もOK 受付時間10:00~22:00 0120-575-900

診療内容のご案内

  • シミ・そばかす
  • くすみ
  • クマ
  • 肝斑
  • ニキビ・ニキビ跡
  • 毛穴
  • シワ・ほうれい線
  • たるみ
  • プチ整形
  • 二重まぶた(埋没法)
  • 小顔・顔やせ
  • 若返り・エイジングケア
  • ほくろ・いぼ除去
  • 赤ら顔
  • 痩身・部分痩せ
  • ワキガ・多汗症
  • 医療レーザー脱毛
  • 肩こり・腰痛
  • あざ
  • ピアス穴開け
  • サプリ・コスメ
  • 外用薬・内服薬
  • メディカル髪育注射

当サイトの医師監修について

当サイトは品川スキンクリニック在籍医師の監修のもと運営を行っています

このページは、2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」に基づき医療機関としてウェブサイトを運営し、また当院の所属医師による監修のもと制作しております。