今あなたに必要なのはどのメニュー?ピーリング治療特集 ニキビ、ざらつき、ハリ不足

ピーリング治療とは?

ピーリングとは薬剤をお肌に直接塗り、表面の角質層を化学反応で剥離させ、古い角質や汚れを除去する治療です。
皮膚表面の古い角質や毛穴に詰まった汚れを取り除き、新しい皮膚の生成を活性化させることで肌トラブルを改善します。
また、角質ケアだけでなく、コラーゲン生成を促進するピーリングなどエイジングケアに特化したものもございますので、お悩みにあわせてお選びいただけます。

  • スクラブとはどう違うの?
    スクラブとはどう違うの?
    スクラブは擦り落とすという意味で、小さな粒で肌の表面を摩擦して古い角質や毛穴の汚れを洗い落とす洗顔法のこと。お肌の刺激は比較的強めなため、敏感肌の方や毛穴の開きが気になる方は注意!
  • 市販のピーリング剤とはどう違うの?
    市販のピーリング剤とはどう違うの?
    「治療」としてピーリングを行えるのは医療機関でのみ。市販のピーリング剤とクリニックでは取り扱う薬剤や濃度が異なり、市販のものは角質をためにくくするお手入れ、クリニックのピーリングは角質を除去する治療という根本的な違いがあり、効果の高さに差があります。

お悩みから選ぶピーリング治療

今のあなたに必要なピーリングはこれ!お悩みをクリックしてメニューを確認!

ピーリング治療後の注意点

ピーリング治療後の注意点

ピーリングは薬剤を肌に直接塗布し、古い角質に働きかけるので、場合によっては刺激が強く感じる場合もあります。また誤った自己判断などにより肌を痛めてしまう場合もあるので、行う前と後には注意が必要です。
クリニックで治療を受けた後は医師の指示に従い、ピーリングの効果を損なわないようにしましょう。

治療する箇所にすり傷や切り傷がないこと
角質層がダメージを受けているとピーリングが必要以上に深く浸透しすぎてしまい、刺激や肌トラブルに繋がります。ですので治療前日の顔剃りやスクラブ洗顔は避けましょう。レーザーなど他治療を受けていた場合、ある一定の期間を開けないと施術できないことがありますので医師の指示に従ってください。また、ピーリング効果のあるニキビ治療薬(ディフェリンゲルやべピオゲルなど)を使用している場合も、使用を中止し1ヶ月は期間を開けてからお受けいただくことを推奨しています。
治療後、数日は肌が乾燥しやすいので、保湿ケアを十分にする
ピーリングは薬剤を肌にのせて、古い角質を溶かしています。直後は肌が薄くなっており、非常に敏感な状態です。乾燥しやすくもなっていますので、保湿ケアをしっかりと行うようにしてください。
日焼けをしない、日焼け対策をしっかりとする
ピーリングにより角質層がデリケートな状態の時は、紫外線が皮膚を通過しやすくなっています。紫外線はシミ・シワなどの光老化の原因になりますので、日傘や日焼け止めを使用ししっかりと日焼け対策を行ってください。

以上を心掛けてピーリング治療を取り入れ、キレイを作っていきましょう!

ピーリングで綺麗な肌をめざそう

ピーリングで綺麗な肌をめざそう

お肌の変化は、25歳を過ぎたころに始まると言われています。
シミ、シワ、肌のくすみなど、若い頃の肌とは比べようもなく多くなっていく傾向があります。
これは遺伝子に組み込まれた「加齢現象」と呼ばれる情報で、この情報によって皮膚の新生される速度が遅くなり、その結果、紫外線や活性酸素などで壊された古くて汚れた皮膚細胞が、角質として表面に残っている状態になっているのです。
定期的なピーリング治療を行って、美肌をキープしましょう!

お悩みから選ぶピーリング治療 おさらい

WEB予約はこちら