• クリニック案内
  • メニュー
  • 電話をかける
  • チャットで問い合わせる
閉じる

切らない治療で理想の二重まぶたに

目もとはお顔の印象を決める重要なパーツ。まぶたにコンプレックスを抱えている方も多いのではないでしょうか。

二重にするための二重のりやアイテープも市販されていますが、これらを使用し続けることにストレスを感じたり、眼瞼下垂になってしまい視野が狭くなる、まぶたがかぶれるといったご相談も数多く寄せられています。

当院の二重術埋没法は、ただ目を二重にするということだけはなく、経験豊富なドクターがカウンセリングで具体的なお悩みをしっかりと伺いながら患者様のお顔に合った二重瞼(まぶた)の形や治療法をご提案します。無料カウンセリングにて、ご納得いくまでご相談ください。

二重埋没法の主な治療例

二重術埋没法

おすすめ特集

※当サイトの料金はすべて税抜き価格表示となっております

代表的な二重の種類

  • 末広型

    末広型

    二重まぶたの日本人のうち、8割近くがこのタイプであるといわれています。目頭に対して目尻の二重の幅のほうが広く、名前のとおり、全体的に末広がりの形をしているのが特徴です。

  • 並行型

    並行型

    目頭から目尻までの二重の幅がおおよそ均一で、欧米人などアジア人以外に多く見られるタイプとなります。メイク映えしやすく、目がはっきりと見えるため、顔全体を華やかに見せることが可能です。

  • 奥二重

    奥二重

    見る角度によっては一重に間違えられることもある二重です。二重の幅自体が狭いため、二重がまぶたの裏に隠れて見えてしまいます。また一重にも見える奥二重はクールな雰囲気を持っています。

二重整形の2つの種類

二重整形の種類は、一般的に「埋没法」と「切開法」の2つです。特に多くのクリニックで行われている方法が糸を使って二重を作る「埋没法」で、メスを使用しないため腫れや内出血などのダウンタイムが短い点が特徴となります。
使用する糸はまぶたに埋もれて隠れるため傷跡が目立ちにくく仕上がりも自然です。個人差はあるものの、術後は比較的早くまぶたの状態が落ち着き、メイクができるようになります。
一方、切開法の場合、治療後は時間が経過しても二重の状態を長く維持し続けることができます。ただし、まぶたをメスで切開する方法であるため、埋没法に比べ術後の回復に時間がかかり、傷跡が残る点には注意が必要です。
※「切開法」については品川美容外科公式サイトをご参照ください。
品川美容外科 公式サイトを見る

「二重埋没法」とは?

  • 二点留めの説明画像

  • 二点留めの説明画像

2点留めでは、瞼に2箇所結び目を作って二重を形成します。留め数が多いと元に戻りにくくなります。
瞼板、挙筋の境界部をしっかりと固定するので、戻りにくく自然な二重が実現可能です。

「二重埋没法」とは、まぶたを糸で留めて二重のラインを作る方法です。
治療には医療用の糸を使用します。当院で行っている「二重術ナチュラル法」・「二重術1dayナチュラルプレミアム法」は、瞼板、挙筋の境界部をしっかりと固定しますので、戻りにくく自然な二重にすることが可能です。
糸はまぶたに埋没されるため眼球を傷付けることはありません。



当院の二重埋没法について

当院の二重術埋没法は、痛みやダウンタイムに配慮して行います。
麻酔に使用する針も痛みや内出血を軽減するため極細の針と髪の毛よりも細い医療用の糸を使用します。
ダウンタイムには個人差があるものの、2日~1週間くらいで大まかな腫れが落ち着き、10日程でより自然な目もとになります。
ご希望の仕上がりになるよう、施術前にバーチャルスティックを使用して二重のシミュレーションを行います。

自分に合った治療方法は?

目を大きく見せるために、まずは「目の縦幅」「目の横幅」のどこを広げれば理想の形に近づけるかを診断します。
縦の幅を広く見せるには「二重埋没法」で、きれいな二重のラインを作ります。二重の形としては、目頭から目尻にかけて二重の幅が広がる「末広型」と、目頭から目尻まで同じ並行のラインをしている「並行型」の2つのタイプに分類されます。

  • 末広型

    末広型

    元々の目の形によって、できる二重のラインは異なります。
    目頭部分にかかる「蒙古ひだ」と呼ばれる、皮膚が張っている方が埋没法を施した場合、多くが末広型になります。
    目の状態にもよりますが、二重の幅を約5~7mmの幅にしておくとまぶたの負担が少なく、きれいな二重を維持しやすいやすいといわれます。仕上がりもとてもナチュラルになります。

  • 並行型

    並行型

    目頭の蒙古ひだがあまりない場合は、並行型に仕上げることが可能です。近年、アイメイクが映える等の理由から、幅広の並行型二重を希望される方が増えてきました。
    並行型の二重ラインにするためには、まぶたの状態によって異なりますが2点~3点以上でしっかり留めることできれいな二重ラインを維持しやすくなります。

  • 蒙古ひだがある場合

    蒙古ひだ

    蒙古ひだがある場合は、「埋没法」と「目頭切開法」で、きれいな並行型に仕上げることができます。
    「目頭切開法」は目頭にかかる蒙古ひだをくの字に切除することで、きれいな並行型を作りやすくする施術です。部分的ですが切開法になるため、縫合糸で縫い、術後5~7日で抜糸を行います。
    患者様の中でも、「切りたくない」「休みが取れないので糸がついたままでは困る」「でも並行型にしたい」とおっしゃる方もいらっしゃいます。その場合は、目頭のさらに上から二重のラインを作る方法もあります。この施術では、2つの点に気を付けなくてはなりません。

    ①埋没法の点数を2点以上で広げること(個人差がございます。)
    ②蒙古ひだを取り除かないので、二重のラインの内側にうっすらと蒙古ひだのラインが出てくる可能性がある
    ※目頭切開の施術に関しては品川美容外科公式サイトをご参照ください
    品川美容外科 公式サイトを見る

    目頭切開

    また、目頭の蒙古ひだは下に引っ張る力が強く働くため、「二重埋没法」の内側の糸が取れやすい傾向があります。
    さらに、目頭の蒙古ひだは横に引っ張る力によって目立ちにくくなります。鼻にヒアルロン酸を入れることで、目頭の皮膚が鼻のほうに引っ張られて蒙古ひだが伸び、「並行型のように見える」という方法もあります。
    ヒアルロン酸の張力で皮膚を引っ張る方法は手軽でいいのですが、ヒアルロン酸が吸収されてなくなってくると、目頭の皮膚を引っ張る力もいっしょになくなりますので、繰り返しヒアルロン酸を注入する必要があります。

  • 目の上に脂肪がある場合

    二重脂肪取り法

    このような目の場合は、「二重埋没法」をすると同時に、「目の上の脂肪(眼窩脂肪)」を取り除くことで二重を定着させやすくします。
    日本人(黄色人種)には、目の上の脂肪や筋肉に厚みがあるタイプが多いです。
    そもそも二重まぶたとは、皮膚にまぶたを開ける力が働くことにより皮膚が折れ曲がって、二重になるわけですが、それに対し、厚いまぶたの場合は、まぶたを開けるときに眼瞼挙筋の挙筋腱膜がまぶたの皮膚に伝わらないため、皮膚が折れ曲がらずに一重まぶたになります。

    つまり、日本人の多くは、まぶたの皮膚や脂肪の厚みによって一重になりやすい遺伝子を元々持っているということになります。現代女性は目がぱっちりとした顔に憧れがある方が多いため、二重の手術を希望する方も多くなっているようです。
    ※脂肪取の施術に関しては品川美容外科公式サイトをご参照ください
    品川美容外科 公式サイトを見る

  • 二重のラインが薄い場合

    二重脂肪取り法

    皮膚の厚みや脂肪がかなり多いと皮膚が折れ曲がりにくく、二重のラインが浅い方がいらっしゃいます。この場合は脂肪を取って埋没法をすることが、適応とされます。
    また、二重埋没法をしても一重に戻ってしまう場合、または二重のラインが薄くなる場合があります。そのときには、二重のラインに添って眼窩脂肪と筋肉を切除して二重のくびれをつける二重切開法という施術が適応となる可能性があります。

    二重の浅いラインが、二重のりやアイテープによって皮膚の折れ目ができている場合もあります。こういった方は皮膚の厚みがなくラインもつきやすいと判断し、埋没法のみでも対応できる可能性があります。ただ、まれに二重のりやアイテープの使用で炎症を繰り返し、まぶたの皮膚が硬くなっている場合もありますので、診察の中でどの方法が良いか適応を判断していきます。
    脂肪取りの施術に関しては品川美容外科公式サイトをご参照ください
    品川美容外科 公式サイトを見る

きれいな二重を長持ちさせるには?

術後、「数ヵ月で二重が取れてしまった」「3年前に埋没法をしたが二重のラインが薄くなってしまった」というケースもあれば、「10年前に埋没法を受けたが持続している」というケースなど、さまざまなご意見があります。なぜこのように個人差が出るのでしょうか?それは「その方が希望した二重の幅や形に、糸で留める点数や手術方法が合っていたか?」ということなのです。
留める点数は綺麗な二重のカーブをつくるためには、まぶたの厚みなどで個人差がありますが2点~3点以上が理想的です。つまり、本来なら患者様の希望する形が維持できるように、二重の施術方法を医師がマッチングさせる必要があるのです。

自分に合った施術を選んで理想の二重に

自分に合った施術を選んで理想の二重に

目を大きくするには、さまざまな方法があります。誰でも一度受けた施術をきちんと長持ちさせたいですよね。そのためには、希望の形が維持できるように、二重の施術方法をマッチングさせる必要があるのです。
「二重埋没法」は糸をかける手術なので、「やり直したい」「もう少し二重を広げたい」などのご要望にも応えられる可能性の高い施術です。
しかし、何度も糸をかけると埋没法の糸を留めている「結節」という部分が出てしまうケースや、糸がまぶたの筋肉の負担になり、眼瞼下垂を招くケースもあります。
医師のカウンセリングにてご納得上、施術をおこなってください。

Q&A(ドクターコメント)

二重術スーパークイック法を検討していますが、施術後、目は腫れますか? 腫れる場合、どれくらいで腫れは引きますか?

二重術スーパークイック法を受けられた場合、術後2日~1週間程度は腫れがありますが、次第に落ち着いてきます。

自然な感じに仕上がるには術後1ヶ月ほどかかります。より腫れを抑えたい方には二重術ナチュラル法(埋没法)二重術1dayナチュラルプレミアム法(埋没法)をおすすめいたします。

札幌院 院長小林 雅郎 医師

ドクタープロフィール

まぶたを留めている糸が取れないか心配です。保障はありますか?

保障がついているメニューとそうでないものがございます。

保障がついているメニューに限り、二重戻り、ラインが薄くなるなど、当院医師の診察により再治療が必要と判断した場合、無料で再治療致します。詳しくは保障ページをご確認いただきお問い合わせください。
安心の保障制度

立川院松田 三奈 医師

ドクタープロフィール

埋没法を検討しているのですが、メニューの違いがわかりません。

埋没法にはいくつか方法がございます。

例えばご費用を抑えた方法ということですと、「二重術クイック法」がございますが、ダウンタイムを抑えたいということですと極細の針と糸を使った「二重術ナチュラル法」や「二重術1dayナチュラルプレミアム法」がおすすめです。カウンセリングの際にご希望の予算や仕上がりについてご相談ください。

大宮院 院長大貫 祐輝 医師

ドクタープロフィール

二重にしたいのですが、埋没法以外の治療法もありますか

埋没法以外にも切開法でよりくっきりとした二重にすることも可能です。

また埋没法と組み合わせてまぶたの脂肪を除去をしたり、目頭や目尻を切開する治療も可能ですのでカウンセリングの際に医師、スタッフにご相談ください。
※切開法や脂肪取りの施術については品川美容外科公式サイトをご参照ください。
品川美容外科 公式サイトを見る

広島院 院長瀧本 浩樹 医師

ドクタープロフィール
皆様のご要望にお応えして おトクなコース始めました!最大約35%OFF フォトシルクプラス/レーザートーニング/パール美肌/コラーゲンピール/美肌注射プレミアム NEW当院の人気治療をおトクな価格で受けられるチャンス!「コースメニューのご案内」 品川スキンクリニックの安心保障制度 私たちは治療前の経過ケアをじゅうぶんに行います。 治療後のケアも万全! 安心保障制度一覧

ページ上部へ

最近見たページ