レーザートーニング(メドライトC6) | 美容皮膚科なら品川スキンクリニック

まだ間に合う! 諦めていたシミ・肝斑に効く!
微弱なパワーのレーザーでメラニンを少しずつ減らし、治療が困難な肝斑やシミを一気に治療。

初回限定
ホホのみ
BMC特典対象外2,800
  • ※この治療はBMC会員割引対象外です
  • ※当サイトの料金は全て税抜価格表示です

症例動画をもっと見る

こんな方にオススメ

  • 日焼けや紫外線の影響が出ている方
  • ホルモンバランスが乱れている方
  • 加齢によるお肌の劣化を感じる方

レーザートーニングの効果

ホホのたるみ、諦めていませんか?

紫外線やホルモンバランスの乱れ、加齢が引き起こすシミや肝斑、どうにかしたいものです…。
せっかく必死でいろいろ試しても、納得できるような結果が得られず、心が折れていませんか?

そんなあなたにオススメなのが
レーザートーニング(メドライトC6)

微弱なパワーでお肌にレーザーを当ててメラニンを徐々に減少させます。今までのレーザー治療では難かしかった肝斑の治療に効くだけでなく、肝斑を含めた色素性の病変を改善することができます。

  1. Before

    レーザートーニング治療前の肝斑
  2. After

    レーザートーニング治療後の薄くなった肝斑
色が薄くなっているのがわかります。

レーザートーニングの特徴

肝斑に最適
レーザートーニングはメドライトC6という機器を使用したシミ・肝斑治療です。今までは難しいとされてきた根深い肝斑の治療を可能にし、微弱なパワーを均一にしながらレーザーを当てることにより、シミや肝斑の原因となるメラノサイトを活性化させずに、徐々に薄くすることができます。
継続で効果アップ
回数を重ねることにより、しみや肝斑の他にも、色素沈着・くすみ・開いた毛穴などの治療が可能です。継続することでお肌にハリやキメ、潤いが戻ります。
美肌効果
レーザートーニングの波長は長く、皮膚の奥深く(真皮上層)にまで照射されたレーザー光が届くことで、コラーゲンが生成されるため、美肌効果が期待できます。

メドライトC6の効果

メドライトC6

メドライトC6(レーザートーニング)とは、色素系疾患のためのレーザーを永年研究・開発してきた米国ConBio社の最新機器で、従来レーザー治療は禁忌とされてきた肝斑(かんぱん)を含むシミに対しての治療を可能にした世界最高水準のQスイッチヤグレーザーの一種です。

これまで、肝斑を含む一部のシミに対して、レーザー治療を行うことは、メラニンを逆に活性化する恐れがあるため、避けられてきました。しかし、メドライトC6にはレーザートーニングという特殊な照射技術が搭載され、シミや色素沈着の症状を増幅させることなく改善することができるようになりました。

このレーザートーニングという技術は、肝斑以外の、シミ、色素沈着、くすみ、開いた毛穴等にも効果を発揮し、治療回数を重ねる度に、ハリのあるキメが整った透明感のある肌へと導きます。

お薬との併用がおすすめです!

  • レーザートーニング

    レーザートーニング

  • トラネキサム酸(トランサミン)

    トラネキサム酸
    (トランサミン)

内服薬・外用薬によってさらに効果を上げることが可能です。美白に大変良いとされているビタミンCと、メラニンを作り出すメラノサイトの活性化を防いで肝斑やシミの悪化を防ぐトラネキサム酸(トランサミン)の服用を、レーザートーニング治療と一緒に行うことをおすすめします。レーザー治療と美白成分の相乗効果で、より美しいお肌になることができます。

※トラネキサム酸は別途処方です

レーザートーニング 料金

ホホのみ

初回限定 BMC特典対象外2,800
2回目以降 BMC特典対象外5,400

顔全体

初回限定 BMC特典対象外4,800
2回目以降 BMC特典対象外8,500
  • ※この治療はBMC会員割引対象外です
  • ※当サイトの料金は全て税抜価格表示です

シミ・そばかす・くすみ・クマ・肝斑の料金はこちら

Q&A

メドライトC6はシミやあざなどの改善のみに効果がありますか?
メドライトC6は色素性病変治療に優れた機器なのでシミやあざ、肝斑の治療だけではなく毛穴の引き締め、美白効果もあるので美肌ケアをしたい方にもおすすめです。
治療後はどのような処置をすれば良いですか?
ご自分で無理にかさぶたを剥がしてしまうと色素沈着が残りやすくなります。刺激を与えず自然に剥がれるまでお待ちください。
また、色素沈着の可能性がありますので紫外線を直接受けないように日焼け止めをしっかりと塗ってください。治療部位以外は治療直後からメイクも可能です。
手の甲や腕のシミは治療可能ですか?
メドライトC6は、手の甲や腕の他、背中や脚などにもピンポイントで照射ができます。ただし、医師による診察で状態を確認させていただいてから、照射が可能かどうか判断いたします。
レーザートーニングは何回受けても大丈夫ですか?回数制限はありますか?
レーザートーニング治療は、受ければ受け続けるほどお肌はより良く改善していきます。ただし治療間隔は適切な期間が必要となりますので、カウンセリング時にお肌の状態を診たうえでご提案いたします。
肝斑やシミなどのお悩みが改善されたら、今度は良い状態をキープするための定期的なお手入れとして継続されることをおすすめしています。また、併せてトラネキサム酸内服薬を取り入れることで、新たなシミや肝斑の出現を予防することができます。

レーザートーニング 治療の流れ

カウンセリング
【治療の流れ①】カウンセリング

医師とのカウンセリングでお顔のシミや肝斑の状態を確認します。肝斑の状態によっては、まずトラネキサム酸の内服や肌ケアの指導から始めさせていただく場合もございます。

照射
【治療の流れ②】照射

お顔の気になるシミや肝斑にレーザーを照射します。治療時間は約5~30分程度です。

治療後
【治療の流れ③】治療後

治療後すぐにメイクが可能です。まれに内出血が見られますが、メイクでカバーできる程度です。

詳細情報

レーザートーニング 詳細情報

治療時間 約5~30分
通院 この治療は繰り返し行うことで、肝斑、しみ、くすみ等を改善していくものです。目安として1クール目は1週間に1回、2クール目は2週間に1回、それ以降は1ヶ月に1回受けていただくことをおすすめします。

(※1クール=6回)

ハレ・痛み ハレや赤み、ヒリヒリとする痛みがありますが、数時間で落ち着いてきます

※個人差があります

かさぶた・
内出血
所々小さなかさぶたや内出血が出来ることがありますが、無理に剥がさず自然に取れるのをお待ちください

※一時的に色素沈着が起こる可能性があります

メイク 当日から可能ですが、赤み・痛みがひいてからをおすすめします
シャワー 当日から可能ですが、レーザーを照射した部分は強くこすらないでください
洗顔
洗髪
入浴

※個人差がございます。あくまで目安とお考えください。

治療後の経過

  • レーザー照射後は一時的に乾燥が強くなりますので、十分な保湿を心がけてください。
  • 日焼けをすると薄くなった肝斑、シミ、くすみが目立ってくることがあります。治療効果を持続させる為にも、治療後1~2週間は日焼け止め(UVカット)を使用するように心がけてください。

※その他何かわからないことやご心配なことがございましたら、必ずお電話でご連絡いただくか、可能な限りご来院ください。

以下に該当する方は受けられません

  • リウマチ既往歴のある方