ヒアルロン酸注入でお手軽に鼻を高く!プチ隆鼻術(鼻根・鼻筋)切らないプチ整形 施術時間10分 ダウンタイムなし

※表参道院では行っておりません

こんな方におすすめ

  • お鼻のラインがコンプレックス
  • 鼻根・鼻筋を通したい
  • プチ整形で手軽に鼻の形を整えたい
  • 忙しいのでダウンタイムは少なめ

プチ隆鼻術とは

  • 施術前

  • 施術後

ヒアルロン酸注入でお鼻の形を整える処置。43,990円(税込48,390円)~54,980円(税込60,480円)
【副作用・リスク】ハレ:2~3日位。内出血:1~2日位。
担当:品川美容外科 渋谷院 院長 和田 哲行(Tel:0120-175-600)

プチ隆鼻術とは、ヒアルロン酸を鼻筋や鼻根に注入することでお鼻の高さやラインを整えることができる処置です。当院のドクターがお顔全体のバランスを考慮しながら注入量を調整して自然な形にします。ヒアルロン酸には様々な種類がございますので、患者様の状態に合わせたヒアルロン酸を選択して行います。

ヒアルロン酸注入によるプチ隆鼻術

  • 鼻が低い、お鼻の形を変えたいといったお悩みに…

  • ヒアルロン酸を鼻筋・鼻根に注入、ラインを整えてメリハリのある横顔に

※イラストはイメージです

WEB予約はこちら

プチ隆鼻術の特徴

  • メスを使用しないので少ないダウンタイム

    ヒアルロン酸は痛みの少ない極細の専用針で注入します。ダウンタイムが少ないので普段の生活に影響しません。処置後はすぐにお化粧することができます。

    ※稀に腫れや内出血が出る場合がございますがメイクでカバーできる程度です。

  • 処置時間は10分程度、ナチュラルで高い鼻に

    約10分と短い時間で、お鼻の変化をすぐ体感することができます。
    プチ隆鼻術は簡単に、且つナチュラルに仕上げることが可能です。

  • 人体のアレルギーの心配が少ないヒアルロン酸

    ヒアルロン酸は本来人の体の中ににあるものでアレルギーの心配もほとんどない物質です。当院では質が高いヒアルロン酸を使用しております。

プチ隆鼻術に使用するヒアルロン酸について

お鼻の処置に適したヒアルロン酸は粘度が高くて形成力が高いことが特徴です。それでも、ヒアルロン酸は時間がたてばいずれ体内に吸収されますので、状態を維持するためには定期的に注入する必要があります。

効果を半永久的に求められる場合、プロテーゼによるスタンダード隆鼻術をおすすめしています。

※画像はイメージです

症例写真

  • プチ隆鼻術
  • プチ隆鼻術
  • プチ隆鼻術
  • プチ隆鼻術
  • プチ隆鼻術
  • プチ隆鼻術

ヒアルロン酸注入でお鼻の形を整える処置。43,990円(税込48,390円)~54,980円(税込60,480円)
【副作用・リスク】ハレ:2~3日位。内出血:1~2日位。
(Tel:0120-575-900)

※効果には個人差があります。

WEB予約はこちら

鼻のヒアルロン酸注射による効果とは

「鼻を高くしたい」「鼻すじを通したい」「でも切る方法は選びたくない」という人に適しているのが鼻にヒアルロン酸を注入するプチ整形です。ヒアルロン酸の種類によって効果が持続する期間は異なりますが、長いものであれば1年以上の効果が期待できる場合もあります。ヒアルロン酸自体は体内に存在する成分なのでダウンタイムが少なく済み、顔全体のバランスを見ながら少しずつ調整できる点も魅力です。

鼻のヒアルロン酸注射による痛みとは

鼻にヒアルロン酸を注入する治療では、針を刺すときにチクリとした痛みを感じることがあります。また、ヒアルロン酸が入るときに押されるような痛みを感じる場合もありますが、いずれの場合も注入部位を冷やすなどして軽減していきます。注入に使われる針は極細で痛みを感じにくいものですが、痛みが気になる場合は、麻酔クリームなどを用いて表面麻酔を行う方法もあります。

料金表

プチ隆鼻術(ヒアルロン酸注入)
鼻根・鼻筋
各1ヶ所
54,980
60,480
43,990
48,390

※表参道院では行っておりません

  • より長持ちするヒアルロン酸はこちら

    持続型ヒアルロン酸でメリハリ顔を手に入れる クレヴィエル 効果長持ち 腫れを最小限に型崩れしにくい 鼻・アゴ形成

施術の流れ

STEP1カウンセリングでお鼻と皮膚の状態を確認

カウンセリングでは、ご希望の仕上がりに合わせて注入箇所や薬剤の量など最適な方法をご提案いたします。気になることなどありましたら是非ご相談ください。

治療イメージ1

STEP2極細針でヒアルロン酸を少しずつ注入していきます

ご希望されたラインに合わせて、状態を確認しながら少量ずつヒアルロン酸を注入します。5~10分くらいで終了します。
内出血がでやすい方の場合は処置後、しばらく患部を冷やします。
(ご希望の場合は、注入部位に麻酔クリームの使用も可能です) →麻酔について

治療イメージ2

STEP3施術後

術後すぐにお化粧をしていただけます。
まれに内出血が見られますが、メイクでカバーできます。 治療イメージ3

よくある質問 Q&A

翌日より仕事は可能ですか?
処置後はほとんど腫れませんので、次の日からの仕事にも影響はほとんどありません。 ただしまれに内出血による赤みや腫れが出ることもあります。(お化粧でカバーできる程度です。 実際ほとんどの患者様は処置後すぐお化粧して帰られています。 ※お化粧は内出血がなければ処置当日から可能。
痛いのが嫌です、大丈夫ですか?
極細の専用針で丁寧に注入していきますので、(針痕は殆どわからないくらいです)ほとんどの人は我慢できる程度の痛みです。それでもやはりご心配な方には、麻酔クリーム等も用意しておりますので遠慮なくお申し付けください。

→麻酔について

団子鼻は改善しますか?
団子鼻は鼻先や小鼻の形が原因である場合が多いです。プチ隆鼻術は鼻根や鼻先にヒアルロン酸を注入するため、鼻の形を整える効果がありますが、鼻先を小さくしたい方やダンゴ鼻を改善したい方は、1day鼻先縮小等をおすすめしております。
フレックス・ノーズ®との違いは何ですか?
フレックス・ノーズ®は専用の糸を使用する”切らない”施術です。お鼻の形を整えるプチ隆鼻術に対し、フレックス・ノーズ®は鼻の形状を自由自在に形成する(鼻先だけを高くする等)ことが可能です。

詳細情報

処置時間 5〜10分
処置(治療)後の通院 必要ありません
ハレ 注入後少し膨らみが生じます
次第に軽快しますが、通常2日〜3日間位続くこともあります
※個人差があります
内出血 注入後に内出血(青み)、浮腫、軽度の疼痛が現れる場合があります
次第に軽快しますが、通常1〜2日程続くこともあります
※個人差があります
入院の必要性 必要ありません
麻酔 ご希望の場合は表面麻酔を使用します(有料)

→麻酔について
メイク 出血が無ければ当日より可能です
洗髪/入浴/洗顔 当日からで可能ですが、濡らしてしみるような時は、2〜3日様子をみてください
激しいスポーツ 当日より可能です
お顔への強いマッサージ 当日より可能です

※個人差がございます、あくまで目安とお考えください

施術による術後の経過について

  1. 注入されるヒアルロン酸は、少しずつ吸収されていきます。持続効果には個人差があります。注入部分の良い状態を保つためには、定期的な注入が効果的です。
  2. 麻酔が入っているため、2〜3日でややボリュームダウンします。
  3. ヒアルロン酸によるアレルギー症状が出て腫れる場合があります。腫れが1週間位続くようであればクリニックにご連絡ください。
  4. 注入後15日から3ヶ月に硬化または小結節が 注入部位に生じる可能性があります。
  5. 上記部位のヒアルロン酸注入後、若干の内出血と痛みを伴う事が稀にありますが、直後(あるいは帰宅後)かなり激しい痛みを覚える場合は、必ずご連絡ください。注射部位から少し離れた場所(鼻先や小鼻など)に、痛みや発赤がある時もすぐにご連絡ください。このような時、血液の循環不全の可能性があり、すぐに来院されて治療をお受け頂く必要があります。

その他、何か分からない事やご心配な点がございましたら、必ずお電話にてご相談ください。

美容皮膚科専門ドクターが、ヒアルロン酸注入をはじめ、
あなたに最適な治療方法など丁寧にご説明させていただきます。

全国39院ネットワーク 開院34年の歴史 症例実績1300万件突破 豊富な経験と高い技術で、美容のお悩みにお応えします

お得な「BMC会員特典」のお知らせ 二重まぶた・目もと30%OFF その他対象施術20%OFF

ご予約・ご相談はこちら

  • WEB予約
  • メール相談
  • 通話料無料 土日祝もOK 受付時間10:00~22:00 0120-575-900

診療内容のご案内

  • シミ・そばかす
  • くすみ
  • クマ
  • 肝斑
  • ニキビ・ニキビ跡
  • 毛穴
  • シワ・ほうれい線
  • たるみ
  • プチ整形
  • 二重まぶた(埋没法)
  • 小顔・顔やせ
  • 若返り・エイジングケア
  • ほくろ・いぼ除去
  • 赤ら顔
  • 痩身・部分痩せ
  • ワキガ・多汗症
  • 医療レーザー脱毛
  • 肩こり・腰痛
  • あざ
  • ピアス穴開け
  • サプリ・コスメ
  • 外用薬・内服薬
  • メディカル髪育注射

当サイトの医師監修について

当サイトは品川スキンクリニック在籍医師の監修のもと運営を行っています

このページは、2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」に基づき医療機関としてウェブサイトを運営し、また当院の所属医師による監修のもと制作しております。