毎日のお手入れが重要!目の下のタルミに効くアイクリームの成分と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近目の下のタルミが気になる?

「最近目の下のたるみが気になってきた・・・」と感じること、ありませんか?目の周りは他の顔の皮膚と比べて、3分の1程度の薄さしかないため、非常にデリケートです。そのため、目の下のタルミには、タルミに有効な成分を配合した、専用のアイクリームを使ってケアするのがおすすめです。

今回は、目の下のタルミに効く代表的な成分を2種類、効能と合わせてご紹介します。是非チェックして、アイクリーム選びの参考にしてみて下さいね。

成分の前に豆知識:知っておきたい目の下のタルミの原因

目の下のタルミに効く成分を知る前に、まずはタルミの原因を知っておきましょう。 目の下にタルミができる大きな原因は、真皮層に存在する「繊維芽細胞」が加齢や蓄積したダメージにより、劣化してしまうことです。

繊維芽細胞は「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」など、肌に水分や弾力、ハリを保つ成分を生成します。 そのため、目の下のタルミには繊維芽細胞や、繊維芽細胞が​生成する成分を活性化させることや、生成を促進させることが重要です。

目の下のタルミに効く成分その1:レチノール

最初にご紹介するのはビタミンAの一種である「レチノール」です。
レチノールには、お肌のハリや弾力を生み出す「コラーゲン」や「エラスチン」を生成する機能があります。

美肌成分を生成するだけでなく、レチノールは血行を促進する作用があります。しかし、少量でも刺激が強い成分でもあるため、敏感肌の方の場合は、目の下に使用する前に、手の甲や頬など、他の皮膚の厚い部分で試してみましょう。
配合量が少ないアイクリームや、用量よりも少ない量から使用するのもひとつです。め、目の下のタルミには繊維芽細胞や、繊維芽細胞が生成する成分を活性化させることや、生成を促進させることが重要です。

目の下のタルミに効く成分その2:ペプチド

ペプチドは、「細胞成長因子(グロースファクター)」とも呼ばれています。
繊維芽細胞を増殖させ、さらに活性させる作用があります。
ペプチドにはさまざまな種類がありますが、アイクリームではFGFやEGFが代表的です。

今回ご紹介した2つの成分は、目の下のタルミだけでなく、ほうれい線にも有効な成分です。
目の下のタルミに加え、ほうれい線も気になる方は目元だけでなく、ほうれい線周りに使用してケアを行ってみてはいかがでしょう。

たるみ、シワ、シミなどのお悩み・エイジングケアのご要望に、美容皮膚科ドクターがお答えします。
各治療の違いや、あなたに最適な治療方法など丁寧にご説明させていただきます。

お得な「BMC会員特典」のお知らせ 二重まぶた・目もと30%OFF その他対象施術20%OFF

ドクターに直接ご相談したい方は無料カウンセリング予約

お近くのクリニックを探すならクリニック一覧

時間を気にせずご相談したい方無料メール相談

お悩み・目的から探す

お悩みから探す

初めての方へ~必ずお読みください~ 未成年の方へ~必ずお読みください~ 品川スキンクリニック (美容皮フ科)Q&A よくあるご質問 人気治療やクリニック紹介をピックアップ ムービー一覧 メディア掲載情報 取材依頼はこちら 最新情報をお届け!Beauty通信 受け取りはこちら 料金改定のご案内 人気治療がさらに受けやすくなりました お顔の見た目ギャップ選手権 受賞者発表!
全国共通 ご予約・ご相談はこちらから
無料WEB予約 無料メール相談
Beauty Members Club特典 全院・対象治療20%OFF 誕生月なら25%OFF+1000ポイント! 年会費無料・当日入会OK・入会手数料500円