症状別のニキビ治療について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

症状別のニキビの種類

ニキビには初期段階の「白ニキビ」、皮脂の酸化が進んだ「黒ニキビ」、炎症が起きてしまっている「赤ニキビ」、と症状が進んでゆきます。その他、黄色っぽいウミが詰まった「黄ニキビ」、血行不良の「紫ニキビ」と色によって症状が変わってゆきます。初期段階の白ニキビで、丁寧な洗顔スキンケアを適切に行うことで改善は難しくありません。黒ニキビの段階あたりまでは自己流のセルフケアでの改善は可能です。しかし、赤ニキビ以降の段階になってしまうと、肌に炎症が起こっているので専門家に相談し、アドバイスに沿ってケアをするのがよいでしょう。

1.白ニキビの症状について

皮膚の色と同じ色をしたニキビが「白ニキビ」です。主に思春期などにホルモンの影響で皮膚の分泌が活発になるとできてしまいます。白ニキビは、毛穴が詰まって皮脂が外に出られない状態。毛穴の表面をふさぐ原因は角質だけではなく、シャンプーの流し残し、ホコリなども毛穴が詰まる原因になります。丁寧に洗顔をしたり、スキンケアを行うことで改善してゆきましょう。生活習慣も原因になりますので、偏った食事や睡眠不足、ストレスを抱えることなどでも白ニキビは出来やすくなってしまいます。スキンケアはもちろんのこと、生活習慣の見直しも必要になってきます。

2.黒ニキビの症状について

毛穴に汚れや皮脂などが詰まって、小鼻のワキあたりに見られる黒っぽくなった状態が「黒ニキビ」です。肌が脂っぽい方に多く見られる症状で、そのままにしておくと皮脂の酸化が進行して、洗顔では取れにくくなってしまいます。だからと言って無理にスクラブなどで取り除こうとすると、毛穴が開いた状態が慢性化する「いちご鼻」になってしまうので注意です。また、脂っぽいからといって洗顔が多すぎると、余計に皮脂を分泌してしまうこともあります。脂性の方で「最近テカるな・・・」と感じるようであれば、過剰な洗顔は避けるように気を付けてください。

3.赤ニキビの症状について

ニキビが炎症を起こして赤くなっている状態が「赤ニキビ」です。この段階まで進行してしまった場合には、自己流のケアでは改善が難しいので、専門家に診てもらうことをオススメします。赤ニキビは薬を塗ることで良くなりますし、飲み薬を処方してもらうことでも抑えることが可能です。また、美容皮膚科でのピーリング治療も効果的です。日ごろの生活で気を付けたいことは、手を良く洗い清潔にしている事、そしてにニキビの部分を触らないことです。炎症に雑菌が入ってしまうと、ますます悪化してしまいます。日ごろのスキンケアや、生活習慣についてなど、専門家のアドバイスを受けることで、改善への近道になります。

たるみ、シワ、シミなどのお悩み・エイジングケアのご要望に、美容皮膚科ドクターがお答えします。
各治療の違いや、あなたに最適な治療方法など丁寧にご説明させていただきます。

お得な「BMC会員特典」のお知らせ 二重まぶた・目もと30%OFF その他対象施術20%OFF

ドクターに直接ご相談したい方は無料カウンセリング予約

お近くのクリニックを探すならクリニック一覧

時間を気にせずご相談したい方無料メール相談

お悩み・目的から探す

お悩みから探す

初めての方へ~必ずお読みください~ 未成年の方へ~必ずお読みください~ 品川スキンクリニック (美容皮フ科)Q&A よくあるご質問 メディア掲載情報 取材依頼はこちら 最新情報をお届け!Beauty通信 受け取りはこちら
全国共通 ご予約・ご相談はこちらから
無料WEB予約 無料メール相談
Beauty Members Club特典 全院・対象治療20%OFF 誕生月なら25%OFF+1000ポイント! 年会費無料・当日入会OK・入会手数料500円