永久的な小顔を手に入れるには、エラの筋肉を切除する方法も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクや髪型では隠し切れないエラは、大きな悩み

顔を大きく見せ、フェイスラインを崩してしまう「エラ」。エラは、髪型やメイクを工夫してもなかなか隠し切れないため、エラの張っている女性のコンプレックスになりがち。
ある美容外科クリニックのアンケート調査によると、エラによって顔が大きく見えることにコンプレックスを感じている方はかなり多いとか。

エラは「筋肉やむくみなど、軟部組織が原因で生じるエラ」と、「骨格によって生じるエラ」の2つのタイプがあります。今回は、この2つのエラの詳細と、これらを解消させる方法をまとめてご紹介します。

原因が異なる2つのタイプのエラ

エラが生じる原因は「軟部組織」もしくは「骨」です。

「軟部組織」は、身体の骨以外の組織です。特にエラの原因となるのは、顎周りの「発達した筋肉」や「むくみ」などです。
「骨」は、身体の構造の基本となります。骨の中でもエラの原因となっているのは「下顎骨(かがくこつ)」です。

エラが張っている原因によって、その解消法は異なります。そのため、「エラを目立たなくしたい!」と望むなら、まずは自分の「エラの原因」を正しく理解することが重要です。

軟部組織が原因で生じるエラの解消方法

今回は自宅でできるエラの解消方法と、美容皮膚科での施術による解消方法を紹介します。

【自宅でできるエラの解消方法】
エラ周辺の血流の悪さむくみによってエラが生じている場合は、マッサージやストレッチなどが有効です。
顎の中心からフェイスラインに沿って行うリンパマッサージや、表情筋や首周りの筋をストレッチすることで、エラ解消の効果が得られます。

【美容皮膚科の施術によるエラの解消方法】
筋肉の発達によるエラには「ボトックス注射」が適応されるケースが多くなります。
ボトックスは筋肉の働きを抑制する作用があるため、エラ部分の筋肉に注射することで発達した筋肉が細くなり、エラを解消することができます。

骨が原因で生じるエラの解消方法

骨がエラの原因になっている場合は、美容外科での「エラ削り」によって、エラを目立たなくすることができます。

「エラ削り」とは、エラの原因である「下顎骨」を外科的手術によって削る方法です。
骨を削る手術ではありますが、施術は口の中から切開して行われます。そのため、顔に術後の跡が残る心配はありません。効果が永久に持続することも魅力の施術方法です。

今回は小顔治療についての情報を集めてみました。自宅でできる手軽なものから手術まで、その方法は様々です。ご自身に合った方法を見つけて、気になるエラを解消しましょう。

たるみ、シワ、シミなどのお悩み・エイジングケアのご要望に、美容皮膚科ドクターがお答えします。
各治療の違いや、あなたに最適な治療方法など丁寧にご説明させていただきます。

お得な「BMC会員特典」のお知らせ 二重まぶた・目もと30%OFF その他対象施術20%OFF

ドクターに直接ご相談したい方は無料カウンセリング予約

お近くのクリニックを探すならクリニック一覧

時間を気にせずご相談したい方無料メール相談

お悩み・目的から探す

お悩みから探す

初めての方へ~必ずお読みください~ 未成年の方へ~必ずお読みください~ 品川スキンクリニック (美容皮フ科)Q&A よくあるご質問 人気治療やクリニック紹介をピックアップ ムービー一覧 メディア掲載情報 取材依頼はこちら 最新情報をお届け!Beauty通信 受け取りはこちら 料金改定のご案内 人気治療がさらに受けやすくなりました お顔の見た目ギャップ選手権 受賞者発表!
全国共通 ご予約・ご相談はこちらから
無料WEB予約 無料メール相談
Beauty Members Club特典 全院・対象治療20%OFF 誕生月なら25%OFF+1000ポイント! 年会費無料・当日入会OK・入会手数料500円