張り出したエラ!ボツリヌス・トキシン注入法(ボトックス注射)で解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エラが張って顔は大きく見える!原因を知ろう!

スッキリした小顔というのは多くの女性にとって憧れの姿。そんな小顔と対照的なのが、エラが張った大きな顔です。エラが張っていると、輪郭が広がってしまいます。小顔の人の隣に並ぶと、一回りも大きく見えてしまいますよね。

いくら目鼻立ちが良く、それぞれのパーツが魅力的でも、フェイスラインが崩れてしまっていてはバランスが悪くなってしまいます。太って頬に肉が付いたり、加齢でたるんだりしてしまっては、もっと悲惨なことになってしまうでしょう。

エラは、「骨格」「咬筋(こうきん)」のどちらかに原因があり、それぞれの原因によって対処方法も違います。そんなエラの原因と対処方法についてご紹介します。

生まれ持ってのエラ顔はやはり骨格のせいでした・・・ 対処方法は?

まずは骨格が原因のエラ張り顔です。骨格は生まれつきのもので、固くてしっかりしているため、自分で治そうとすることは至難の業です。頭蓋骨矯正や骨気などもありますが、効果には個人差があります。

そして骨格を変えるためにあるのが、エラの骨を削り落とす施術です。角張ったエラを削り落とすことで、シャープでスッキリした輪郭になれます。また、口の中からメスを入れるので、外から見ても施術したことはわからないのです。

しかし、エラで悩んでいる人のほとんどは骨格が原因ではないということを知っているでしょうか。

エラの原因のほとんどは骨格じゃない!? 咬筋(こうきん)って何?

エラが張る原因のほとんどは、実は「咬筋(こうきん)」と呼ばれる筋肉が原因です。エラのあたりに手を当てて、口を開けたり閉じたりすると動く筋肉がありますよね。これが咬筋(こうきん)です。

咬筋(こうきん)は咬む(かむ)筋肉とも書くくらいで、咀嚼するための筋肉です。強く嚙みすぎたり、歯を食いしばったりする癖がある人は、咬筋(こうきん)が凝り固まってしまいます。この咬筋(こうきん)のコリこそがエラ張りの原因なのです。

咬筋(こうきん)のコリは自分でマッサージをしてほぐすことができます。もっと即効性のある効果が欲しい人には、咬筋(こうきん)を除去する手術もあります。

気軽に小顔!ボツリヌス・トキシンは注入するだけ?!

マッサージよりは即効性があり、除去する手術よりも気軽に行うことができる施術が、ボツリヌス・トキシンの注入です。ボツリヌス・トキシンは、筋肉を抑制する働きのある物質です。ボツリヌス・トキシンを咬筋(こうきん)に注入することにより、角張ったエラを解消することができます。

プチ整形ではありますが、処置時間も約10分と短く、注射なので治療した跡も残りません。効果が持つのは約4~6ヶ月で、定期的に施術を受けることで持続させることができます。

即効性は欲しいけど、メスを入れるのは怖いという人に、ボツリヌス・トキシン注入法(通称ボトックス注射)はおすすめです。エラをなくして気軽に小顔になることができるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

たるみ、シワ、シミなどのお悩み・エイジングケアのご要望に、美容皮膚科ドクターがお答えします。
各治療の違いや、あなたに最適な治療方法など丁寧にご説明させていただきます。

お得な「BMC会員特典」のお知らせ 二重まぶた・目もと30%OFF その他対象施術20%OFF

ドクターに直接ご相談したい方は無料カウンセリング予約

お近くのクリニックを探すならクリニック一覧

時間を気にせずご相談したい方無料メール相談

お悩み・目的から探す

お悩みから探す

初めての方へ~必ずお読みください~ 未成年の方へ~必ずお読みください~ 品川スキンクリニック (美容皮フ科)Q&A よくあるご質問 メディア掲載情報 取材依頼はこちら 最新情報をお届け!Beauty通信 受け取りはこちら
全国共通 ご予約・ご相談はこちらから
無料WEB予約 無料メール相談
Beauty Members Club特典 全院・対象治療20%OFF 誕生月なら25%OFF+1000ポイント! 年会費無料・当日入会OK・入会手数料500円